海外就職をするメリット・デメリット

海外就職をするとどんな不安や期待があるのでしょうか? - 海外就職をするメリット・デメリット

海外就職をするメリット・デメリット

yjtdjdy
あなたは今の生活に満足していますか?日本で仕事をしていても「なんだか自分が思っていたのと違う」「やりがいを感じない」など、疑問を感じて海外就職に目を向ける人も少なくありません。しかし、海外で仕事となると旅行とは違い短期間で帰ってくることができるわけではありません。長期間現地で暮らす覚悟を決めるのはなかなか大変なことです。中には勢いで決めてしまう人もいますが、海外就職のメリットデメリットをよく考えて決断しましょう。

海外就職のメリット

海外就職の大きなメリットは、「実力主義」であることです。日本も徐々に実力主義になりつつあると言ってもまだまだ年功序列の会社がほとんどです。自分自身でどんどん仕事をしていきたい、仕事をした分、正当に評価されたいと感じる人は海外就職を考えたほうが良いかもしれません。海外で就職すると重要なポジションに早くから抜擢されたり、年齢の割に責任の重い役職に就くこともあります。自分の努力と成果次第でできる仕事の幅が変化していくのです。また、海外の文化や習慣に触れて理解することは視野を広げるチャンスです。日本の常識は決して海外の常識とは言えません。そして、海外の主要都市には様々な国から来たビジネスマンが多く住んでいます。そのような人々との交流することで、視野が広がり自己の成長が見込めます。語学を勉強してから海外に行くにしても、最初からスムーズに現地の人々とコミュニケーションをとることは難しいでしょう。そんな環境なので自分でどんどん行動することが何よりも大切になり、積極性や行動力は自然と身に付きます。

海外就職のデメリット

日本と海外の大きな違いに「治安」があります。海外に住み始めると日本がいかに安全な国なのかよくわかるはずです。中には治安のよい国もありますが、日本と比べるとやはり少々の危険は理解した上で生活を始めなければなりません。また、日本にいた仕事の知識を活かして就職することが難しいのも海外就職の特徴です。一から新しい仕事を覚えに行くような気持ちで仕事を探しましょう。現地に頼れる知り合いが少ないということも一つのデメリットです。日本にいる親族や友人とスカイプなどを使えば連絡をとることはできますが、すぐに会うことはどうしてもできません。日本にいる人との人間関係が希薄にならないように連絡をこまめに取るなどの努力は必要になります。そして、海外就職に関する大きな問題はビザです。せっかく就職が決まりそうでもビザの取得の関係上キャンセルになったりということもあります。他にも日本にいた頃よりも収入などの面でマイナスなることも考えられます。物価が日本とは違うので一概に損とは言えませんが、物価が低い国では今までの給料と同額もらえるとは考えないほうが良いでしょう。安定した雇用という面では海外就職は国内に比べてデメリットがありそうです。

頼れる人は多くない!自分で行動を起こすことが大切

海外就職する人の多くは、最初は現地の知り合いが少なく頼れる人はほとんどいません。旅行するだけならまだしも生活するとなると大変です。受け身の姿勢では何事もうまくいきません。日本人は一般的に内気な性格で自己主張が苦手、外国人は自己主張が得意と言われます。海外で遠慮して発言しないことは厳禁です。自分の意思や希望をしっかり相手に伝えましょう。海外では、仕事もプライベートも自ら行動を起こすことが大切なのです。

Copyright(C)2016 海外就職をするメリット・デメリット All Rights Reserved.